群馬できのこ狩りと栽培しています、天然キノコ、なめこ、ナメコ、クリタケの通信販売・通販をしています
きのこも栽培しています。
22年度のくりたけのキノコ狩りは一時停止です。
 当農園では、果物の他にきのこも栽培しています。なめこ、くりたけ、まいたけ、しいたけなどを栽培しています。ほとんど直売用です。しいたけは、自家用みたいなものですが...。
 くりたけは、10月下旬〜11月上旬にきのこ狩りもできます。
(お問い合わせ下さい)
                    

 また、秋には、天然のキノコ、「いっぽんシメジ(ウラベニホテイシメジ)」、「アカモミタケ」、「ナラタケ(俗称かっぱ、ならぶさ、もたせ)」なども直売しています。天然のキノコはその年の気象条件などにより、収量などに差がでます。ご要望の方は、事前に問い合わせて下さった方が良いかと思います。

 
こんなパック詰めで販売しています クリック

きのこも通信販売いたします  キノコの注文はこちらからどうぞ
きのこ園、きのこなどの紹介
主に、くりたけを原木で栽培しているきのこ園です。  キノコの菌の駒植えの紹介
くりたけは、こんな感じで出てきます。
天然のアカモミタケ(俗称アカハツとか呼ばれている)です。
天然のきのこ採りの人から仕入れています。我が農園のモミ林でも、アカモミタケが少し採れます。
なめこを栽培しています。
 オガクズの菌床で栽培しています。原木で栽培したときもあります。時々原木栽培をします。
 温度調整などはせずに、自然のまま栽培しているので、なめこのかさも大きくなり、天然物に近いものができるようです。
 なめこの菌床です。このようになめこが出てきます。
 なめこの良く出ているものは、800円から1300円ぐらいで、欲しいお客様には売っています。
 一度、なめこの出た菌床は、年内に2回から3回発生します。良く出るものは3月頃にも出て、さらにゴールデンウイーク頃にも発生します。

 管理が良くできれば、なめこを買うより、菌床ごと買っていった方がお得です。
まいたけ(舞茸)の栽培
菌床を土の中に伏せます。  菌床が、雨による湿気などでダメにならないように、屋根をつくって雨よけのマルチを張るところです。
 まいたけです。これはものがよくありませんが...。
 まいたけは、年による当たりはずれが、とても大きいです。良く出る年は一度にたくさん発生しますが、悪い年は、ほとんど発生しません。

 趣味の一つとして栽培しているような感じです。
 天然のナラタケです。私たちの地方では、カッパとかナラブサとかもたせとか呼ばれています。また、霜の降りる頃に出てくるナラタケは「しもふり (霜降り)」と呼んでいます。
ナラタケの大きな株です。 こんな感じでナラタケを採ってきます。
しいたけの原木です これは、栗の木の原木ですね。
しいたけの駒が植えてありますが、本当は、栗の木にシイタケの菌は適さないです。
群馬県吾妻郡中之条町大字西中之条1704

 陣平農園

 TEL  0279−75−4232(自宅)
       0279−75−1264(農園)
 FAX   0279−75−1264(農園)
トップへ戻る