農林大学校から研修生が来てくれました。
 我が農園にとっては、初めての研修生の受け入れでした。住まいが長野原町で、地元長野原の果樹農家の都合がつかない...ということで我が農園に研修に来ることになりました。
 通勤に約一時間、そして女性であるということで、大変気を使いました。将来は、できれば果樹関係の仕事に就きたいということでしたが、現実には、JA(農協)および農業関係の職場に就職を考えているようでした。

 約1ヶ月半の研修期間でしたが、その一部を紹介します。その間、彼女なりに頑張ってくれました。
 (2004.7/27〜9/10)

 
りんごの摘果をしてもらいました。

プラムの選別です。
プラムの袋詰めをしてもらいました プラムの収穫です。
 研修生が、学校でイチジクの研究をしている..というので、前橋市の普及員の三ツ石さんの案内のもと、赤城村のイチジク農家に研修に出かけました。
 農家の説明を真剣に、聞いている研修生。
 最後は、飼い猫となった子猫ちゃんとの2ショットです。
 子猫ちゃんが、丸まって隠れています。
 
 約1ヶ月半、正味36日間の研修でした。他にも、桃の宅配便の荷造りの手伝い、宅配の伝票書き、桃の収穫、桃の徒長枝切りなどもしてもらいました。
 また中之条駅前でのふるさと市というイベントにも参加してもらい、桃やプラムや農産物の販売などの体験もしてもらいました。
 研修..というよりも、どちらかというと仕事を手伝っていただいた...というような感じになったところもあったと思います。

 今回の体験が、将来なんらかのかたちで役にたってくれればいい..と思います。