ブドウの表面の白い粉は農薬ではない
ブドウの表面の白い粉は農薬?


 ブドウの果粒の表面は白い粉のような物質で覆われています。これは、角皮(クチクラ)部分に含まれるワックスで、果粉と呼ばれています。ブールーベリーやプラムも同じです。農薬ではありません。
 ワックスの成分は、オレアノール酸が79%で最も多く、次いで、長鎖のアルコール(炭素数24〜30であり)その他エステル、脂肪酸、アルデヒド、パラフィンなどが含まれています。これらの物質はいずれも水に溶けにくく、果皮の表面に結晶化しているため果皮表面が白く見えます。ですからブドウの表面の白い粉は農薬ではないのです。
 果皮表面のワックスは、水をはじいたり、病気などから保護する働きがあると考えられています。
 これは、りんごのワックスも同じです。

 

 『参照文献 「果物の真実」 間苧谷 徹 編著 (化学工業日報社発行)』