りんごの農作業、剪定、苗木、苗植え、接ぎ木、摘果、収穫、選別、りんごの育て方
り ん ご の 作 業 風 景

トップヘ戻る  農作業の紹介に戻る

果樹苗木の通販・販売なら福島天香園、苗木の石堂、それから、青森の野村園芸農場、山形の天香園、長野の植木農園、小平種苗、ニッポン緑産、小町園、埼玉の埼玉種苗をおすすめします。

お世話になっています。
りんごの剪定の紹介へのリンク

冬からの、農作業の様子。もっとページを充実させたいです。



 管理人の剪定風景。 喬木台木(実生台木)のふじです。




こちらは、わい化樹の剪定風景。 台木は、CG80台木、品種は陽光です。




 りんごの苗木を仮に植えているところです。来年になったら、定植することになります。




 着色系統というわけの、シナノスイートの苗木です。本当かどうかわかりませんが、結構高価でした。




 苗木を、植え穴に植えているところです。




  大苗の移植風景。スコップで堀り上げるのは、大変です。




 接ぎ木の前に、まず穂木を用意します。ふつう2芽〜3芽残して、切り取ります。
  高接ぎなどに使用する場合は、3芽〜5芽と多くなります。




 穂木の片面を写真のように接ぎ木ナイフで平らに、削りました。




 反対側は、写真のように、斜めに切り取ります。




 穂木を、横から見たところです。




  りんごの切り接ぎをしているところです。一般的に、行われている接ぎ木方法です。
 台木の片面を、写真のようにナイフで削ります。そして、削りとって用意してある「穂木」を台木に差すことになります。




 そして、台木と、穂木の皮を削り取った両方の形成層の部分が、重なるように挿入します。片面の形成層だけ重なっていれば、充分です。




  その後、接ぎ木した部分が乾燥しないように、また、接いだ部分がずれないように、接ぎ木テープで、接いだ部分を巻きます。また、このあと、さらに乾燥しないように、ビニール袋を被せます。




 時間が経つと、このように芽が出てきます。




 このような大きな花そうがあります。




 上方向に伸びた花そうは、基本的に全部、摘花します。




 このような、側枝に、側花が咲いています。




 このように側花は、基本は全部摘花いたします。




 まだ、蕾のままだけれど、これも摘花のうち。このころに一輪摘花できると、実の大きいりんごができます。しかしこの頃に全部一輪摘花してしまうと、その後、遅霜にあたると、残した花が全部霜にやられてダメになってしまい、実が成らないという、困ったことになりますので、この頃の一輪摘花は注意します。




 このように中心花だけ残します。




 品種はあかぎ。蕾は赤いですね。




 このように、側花は、みんな取り除き中心果だけにします。




 満開後期。中心花だけにします。




 側花を取り除いたところです。取り除く振動だけで、側花の花びらが散ってしまいました。
 花が咲く頃は、通常一輪摘花より、先に、花そう摘花をやります。中心花と側花、すべてを弱い花そうや場所の悪い花そうを、丸ごと摘花するのです。そうして摘花する数を減らします。




 摘果の紹介です。通常、このように中心果の周りに、側果が3〜4ヶ実ります




  そして、側果を摘果して、中心果だけ残すようにします。しかし、中心果の形が悪かったり、キズがあったりする場合は、側果の中から、一番大きくて、形の良いものを残します。




 なんのことはない、りんごの摘果をしているところです。これは、わい化樹のため三脚を使用せず、立ったまま仕事をしているので楽です。管理人も仕事をしているのだ..という紹介です。










 こういう中心花はダメです。中心果でも、形の悪いものやキズのあるもの、変形果は、取り除きます。
 一輪摘花の後は、仕上げ摘花というのをやります。一輪摘花時にも、弱い中心花や場所の悪い中心花や傷や変形のある中心花も同時に摘花していきます。




  りんごの仕上げ摘果をした後です。一輪摘果の後でも、たくさんの実を落とさなければなりません。




 管理人の母が、頑張ってりんごの収穫をしちゃっています。当人いわく収穫が好きなのだそうです。




  収穫した、りんごを選果しているところです。
 マイコン内臓の重量選果機を使用しています。重量別に8段階、自動的に選果してくれます。選果する時間はかかりますが、一度重量別に選果すると後が楽です。贈答用の箱詰めが規格どうりに簡単にできます。また、袋づめで販売する時も楽になります。

戻る  トップへ戻る
  〒377−0425
  群馬県吾妻郡中之条町大字西中之条1704 
  陣平農園   TEL   0279−75−4232(自宅)
               0279−75−1264(農園)
           FAX  0279−75−1264(農園)