ブルーベリーの効能、効果、ブルーベリーは目に良い
ブルーベリーの効能

桃の効能 りんごの効能 栗の効能 梨の効能 

ブドウの効能 メロンの効能  柿の効能 

さくらんぼの効能 スモモの効能 イチジクの効能

 みかんの効能  キウイフルーツの効能 

いちごの効能 バナナの効能  梅の効能 
 ブルーベリーの成分に健康に良いという効能があっても、プルーベリーを食べれば、病気が治るというものではありません。
ブルーベリーは、薬でもありません。健康のためには、バランスのとれた食事をおすすめします。


栄養成分含有量

可食部100g当たり
カロリー  49キロカロリー  たんぱく質 0.5g  脂質 0.1g  炭水化物 12.9g  ビタミンA βカロテン当量  55ug  ビタミンC 9r  ビタミンE α-トコフェノール1.7r


 ブルーベリーがわが国に入ってきたのは1951年で、比較的新しい果物といえます。近頃、日本では「眼にいい」ということでその機能性が注目され、栽培面積、消費量も急速に伸びています。
 ブルーベリーの最大の特徴は、200グラム中に200〜600ミリグラムとアントシアニンが非常に多く含まれていることです。食物繊維も多く、200グラム中6〜8グラムあり、生果では最も高いグループに属します。
 人間の網膜には、ロドプシンという色素体があり、ロドプシンが光の刺激を脳に伝える役割を担っています。ウサギを使った実験で、ブルーベリーエキスを投与するとロドプシンの再合成が活溌になることから、視覚機能がよく働くこと、夜間の視力が良くなること、視野が広がることの三つの効果が期待できると推測されます。
 実際に、ブルーベリーエキスを投与すると「目の疲れ、肩こり、腰のこり」といった眼精疲労に見られる症状に対して、有意な改善効果を示すことが明らかになっています。

 ブルーベリーエキスは、どちらかといえば医薬品的使い方ですが、ブルーベリー果実そのものの有効性も注目されています。
 ブルーベリーのアントシアニンは抗酸化性に優れ、その強さは緑茶のカテキンやタマネギのケルセチンに匹敵するといわれています。果実・野菜類の中で比較するとブルーベリーは抗酸化性のもっとも高いグループに属していることが明らかになっています。
 また、実験によるとブルーベリーを摂取すると、老化にともなっておこる運動能力、平衡感覚、記憶力などの低下を抑制する効果があることが、推測されています。



                        『引用文献 「果物の真実」 間苧谷 徹 編著 (化学工業日報社発行)』

 眼精疲労にアントシアニン

 ブルーベリーの色の、ブルーの色素であるアントシアニンが視野を広くしたり、夜間視力を向上させたりする有効成分で、それを含んでいます。1日40g、約20〜30粒で効果が期待できるといわれています。
 
 また、食物繊維がとても豊富です。整腸作用を助け、便秘解消や大腸がんの予防効果が期待されます。
 
 アントシアニンは、老化予防や、ガンの予防にも効果的です。成長期の骨の発育を促すマンガンが多く含まれ、ビタミンEも豊富です。

                (参照文献 からだにおいしいフルーツの便利帳 監修者三輪正幸 発行所 高橋書店)