ぶどう(ブドウ)の効能、干しぶどう効果、ぶどうの栄養効果、葡萄はガン予防、ぶどう(ブドウ)は心臓病予防に効く
ぶどうの効能

桃の効能 梅の効能 さくらんぼの効能

梨の効能 りんごの効能 栗の効能

ブルーベリーの効能
 柿の効能 

 スモモの効能 イチジクの効能 

みかんの効能  キウイフルーツの効能 

いちごの効能 バナナの効能 メロンの効能


 
  ぶどうの成分に健康に良いという効能があっても、りんごを食べれば、病気が治るというものではありません。
ぶどうは、薬でもありません。健康のためには、バランスのとれた食事をおすすめします。


栄養成分含有量

可食部100g当たり
カロリー  59キロカロリー  たんぱく質 0.4g  脂質 0.1g  炭水化物 15.7g  カリウム 130r  カルシウム 6r  マグネシウム 6r  銅 0.05r  鉄 0.1


 ブドウは心臓病予防に効く

 ブドウの栽培の歴史は古く、紀元前三千年頃からとされています。一方、日本での栽培は甲州が文治二年(1186)に発見されたのが最初といわれています。

 ブドウはブルーベリーやカキなどとともに、ポリフェノールを多く含む果物です。(横塚、1995年)。
 部位別には種子に最も多く、次いで果皮、果肉の順です。また、赤系のブドウに多く、白系のブドウには少なく、赤ワインに多く、白ワインに少ないことが知られています。ブドウにはポリフェノールとしてアントシアニン、カテキン、ジヒドロフラボノール、フラボノール、プロアントシアニジンが含まれています。このうち果皮にはアントシアニンが多く、種子にはプロアントシアニジン、カテキンが多く含まれています。

 我が国の死亡原因の第二位は脳血管疾患で、第三位は心臓病となっており、これらの疾患の原因は動脈硬化によって起きると考えられています。従来、動脈硬化は低密度リポ蛋白質LDL:一般に悪玉コレステロールと呼ばれている)の血管への付着が原因とされてきましたが、最近、LDLのみでは動脈硬化は起こらず、LDLの酸化によって動脈硬化が起こることが明らかにされています。また、血管内皮に血小板が凝集し血栓ができると、必要な血流が行き渡らなくなり、虚血性の心臓病になりやすくなると考えられます。
 ブドウ果汁や赤ワインによるLDL酸化阻害や血小板凝集阻害は試験レベルだけでなく、最近ではヒトによる研究も行われ、効果が確認されました。冠状動脈性心臓病患者に二週間ブドウジュースを飲用させたところ、飲用前より血液中のLDLの酸化が遅延されました。このことは、ブドウジュースを飲用することにより、LDLが酸化されにくくなったことを示しています。また、健常者にブドウジュースをコップ三杯程度摂取させると、一時間後には血液中の血小板凝集活性が低下したとする研究報告もあります。

 ワインは古代から消毒薬として用いられ、殺菌、抗菌作用が知られていました。この効果は、ワインに含まれているアルコールだけではなく、ポリフェノール、特に没食子酸が含まれているためであることが明らかにされています(手崎ら、1999)。

 最近、米国のイリノイ大学のグループは、ブドウや赤ワインに含まれるレスベラトロールが発ガンを抑制すると発表し、一躍有名になりました。その後、レスベラトロールによるガン細胞の細胞死に関する研究報告がされるなど、レスベラトロールの抗ガン活性が裏付けられています。
 レスベラトロールは、ブドウ葉から灰色かび病が発生したときに、感染の拡大を防ぐ役割を果たすファイトアレキシンとして単離されました。ブドウ樹において、レスベラトロールは葉に最も多く、次いで果皮で種子にも存在しますが、果肉内にはほとんどありません。また、レスベラトロール含量は赤系のブドウと白系のブドウとの間に差はありませんが、ワインでは赤ワインの方が白ワインより圧倒的に多く含まれています。

   『引用文献 「果物の真実」 間苧谷 徹 編著 (化学工業日報社発行)』

 生活習慣病予防・ガン予防に

 生活習慣病を引き起こす原因となる活性酸素を除去するポリフェノールを多く含んでいます。また、ブドウ果汁は心臓病を引き起こす動脈硬化の原因となるLDL(悪玉コレステロール)の酸化を阻害することが報告されています。
 @がん
 動物実験・試験管レベルでの研究
 ぶどうの果実や葉に含まれ、ファイトアレキシンの一種であるレスベラトールにはがんを抑制する効果(Jangら1997、Huang1999)が認められている。
                                 (毎日くだもの200g運動推進4訂版 果物のある食生活推進全国協議会)

 ポリフェノールの一種レスベラトロールに食物アレルギーの発症を抑える効果
 
 ブドうに含まれているポリフェノールにはたくさんの「レスベラトロール」という成分には、食物アレルギーの発症を抑える効果があることを、山梨大医学部の中尾篤人教授(免疫学)らの研究チームが突き止め2012年9月に発表されました。(山梨日日新聞2012/09/06)

 疲労の即効回復に、果糖とブドウ糖のパワー

 甘味と果汁たっぷりのぶどうは、果糖、ブドウ糖などの糖質が主成分です、体内で素早くエネルギー源になるので疲れたときに食べると回復が早くなります。
 栄養価を考えると、皮ごと食べるのが、望ましく、ポリフェノールとかが、多く摂り入れることができます。タネなしで皮ごと食べられる品種も増えてきたので、そういう品種を食べるのも良いです。

 ぶどうというと、代表的なものにワインがあります。ぶどうの皮や種には 抗酸化作用のあるポリフェノールの一種、アントシアニンが豊富で、活性酸素を取り除き、老化を防ぐ効果や視力機能の回復や肝機能の向上が期待できます。特にタネには、プロアントシアニジンという強力な抗酸化力を持つポリフェノールが含まれているので、タネの成分まで、抽出されているワインなら有効成分を摂り入れることができますね。
 
 果肉には、もの忘れ、頭がボーッとするなどの脳の疲労による脳機能低下を防ぐ働きを持つといわれる、ペンタペプチドという物質が含まれています。ピオーネや巨峰などの紫色の大粒品種に、多くふくまれているといいます。                                       
 ポリフェノールの一種であるレスベラトロールという、ぶどうの渋みのもととなる成分が注目されています。この成分が、長寿遺伝子を活性化させて寿命をのばすと、アメリカの研究チームが発表しことによります。

 ぶどうの皮の表面につく白い粉「ブルーム」。これは、ぶどう自身が病原菌などから身を守ったり、鮮度を保つために作り出している物質で、虫歯予防や、アンチエイジングに効果のある成分「オレアノール酸」が含まれていることが明らかになりました。ですから、ぶどうはさっと水をかける程度に洗い、そのまま食べた方が、いろいろと良いようです。

                     (参照文献 からだにおいしいフルーツの便利帳 監修者 三輪正幸 発行所 高橋書店)


トップへ