いちじく(イチジク)の効能、無花果の栄養効果、健康機能
いちじく(イチジク)の効能

桃の効能 梅の効能 栗の効能 

梨の効能
 ブドウの効能 りんごの効能

 柿の効能 さくらんぼの効能 スモモの効能

ブルーベリーの効能 みかんの効能

 キウイフルーツの効能 いちごの効能 

バナナの効能 メロンの効能
いちじく(イチジク)の成分に健康に良いという効能があっても、いちじく(イチジク)を食べれば、
病気が治るというものではありません。
いちじく(イチジク)は、薬でもありません。健康のためには、バランスのとれた食事をおすすめします。


イチジクの効能

  イチジクはクワ科イチジク属に属し、カプリ種、スミルナ種、普通種、サンペドロ種の四つの系統があります。小アジアが原産で、日本には寛永年間(1624〜1644)に渡来したといわれています。
 イチジクは脂質が少なく、コレステロールがなく、低カロリーです。主要な栄養成分は糖で、そのほとんどがブドウ糖や果糖で、ショ糖が少ないことが知られています。有機酸は0.3%前後と低く、そのほとんどがクエン酸です。無機成分はカリウムが最も多く、次いでカルシウム、リン、マグネシウム、ナトリウム、鉄などの順です。このうち、カルシウムはほかの果物に比べて多く含まれています(生果200グラム当たり52ミリグラム、乾果同260ミリグラム)。果物を食べる動物の多くはほかの果物が豊富にあっても、イチジクを好んで食べることが知られています。これは鳥類が産卵したり、動物が成長するために必要なカルシウムを摂取するためではないかと推定されています。
 栄養成分以外の機能性成分として、食物繊維、ビタミン、色素成分、香気成分があげられます。イチジクには食物繊維が豊富に含まれており、乾燥イチジクでは全重量の10%程度にまで及びます。食物繊維は水溶性と不溶性の二つに分類されますが、イチジクはほかの食品と比べて水溶性食物繊維の割合が高いのが特徴です。水溶性食物繊維には、血糖値の上昇を抑制する効果や高脂血症を予防する効果などがあります。
 イチジクの果実は紫色をしていますが、主要な色素成分はアントシアニンで、特にシアニンを多く含んでいます。アントシアニンの機能としては、目の明暗の調節、抗炎症、毛細血管強化などが明らかにされています。シアニンはブルーベリーと共通するアントシアニンなので、イチジクにもこれらの機能が期待できます。
 また、イチジクには抗腫瘍作用があるアンゲリシン、マルメシン、プソラレン、ベルガプテンなどのクマリン化合物が同定されています。

            
                 『引用文献 「果物の真実」 間苧谷 徹 編著 (化学工業日報社発行)』