みかんの効能、みかん(ミカン)の栄養効果、温州みかんでガン予防、温州ミカンは冬季の家庭常備薬
温州みかんの効能


桃の効能 梅の効能 さくらんぼの効能

梨の効能 ブドウの効能 

  柿の効能  栗の効能  スモモの効能

イチジクの効能  りんごの効能   

キウイフルーツの効能 ブルーベリーの効能

 いちごの効能 バナナの効能 メロンの効能
 みかん(ミカン)の成分に健康に良いという効能があっても、みかん(ミカン)を食べれば、病気が治るというものではありません。みかん(ミカン)は、薬でもありません。健康のためには、バランスのとれた食事をおすすめします。



 温州みかんは冬季の家庭常備薬

 少しまえまでの我が国の冬季の家族風景には、コタツを囲んだ一家団らんの図が定番で、通常そのコタツにはかならずといってよいほど、温州ミカンがお盆に山盛りに盛られていました。
 ところで我が国で栽培されている温州ミカンは、明治時代の中頃から増産され、現在、 150万トンから120万トンの間で変動しながら生産されています。全カンキツの生産量の約四分の三を温州ミカンが占めています。
 これはなぜでしょうか。本来カンキツは亜熱帯性の果樹で、グレープフルーツ、オレンジ、ブンタン等の主要な種類は越冬して成熟します。わが国の温州ミカン栽培地帯は暖流の影響を受け、温暖な西日本の海岸線に沿ってへばりつくように分布しています。しかも温州ミカンの果実は、寒さの影響を受けない年内に収穫でき、樹体には耐寒性があります。このような理由から、温帯であるわが国で栽培が発展しました。
 温州ミカンがわが国のカンキツの主要種類である理由はたくさんあります。樹は栽培しやすく、収量が多く、病気に強く、果実には種子がなく、剥皮が容易で食べやすく、シーズンの早い時期から食べられることがその理由です。おいしてことが果物としての第一の用件ですが、おいしく食べながら、身体に良い機能性成分を知らず知らずのうちにとっているという、ミカン好きの人にとっての朗報が平成十年に発表されました。
 温州ミカンの果肉には、濃橙色を呈するカロテノイドという色素があり、そのなかにβ−カロテンとともに大量のβ−クリプトキサンチン(100グラム中600〜2,000マイクログラム)が含有されています。このβ−クリプトキサンチンに、β−カロテンの五倍という高度の発ガン防止防止作用のあることが発見されました。
 温州ミカンには、β−カロテンが果実100グラム中に120マイクログラムという柿なみに高含有しているうえに、このβ−クリプトキサンチンという強力な兄弟成分の登場により、温州ミカンはガン予防に有効な食品として再評価されました。

 この他の温州ミカンの機能性成分として、ビタミンCが100グラム中に35ミリグラム含有されています。わが国で食物から摂取することが求められているビタミンCの所要量は100ミリグラムです。したがって1日3〜4個の温州ミカンの生食により、活性酸素を除去し、ガン予防効果をもたらすことが考えます。わが国でたくさん生産される温州ミカンは冬場の安価な家庭常備薬といえます。


   『参照文献 「果物の真実」 間苧谷 徹 編著 (化学工業日報社発行)』

 みかんを食べてガン、高血圧予防

 β−クリプトキサンチン(動物実験によれば、がん抑制効果あり)のほか、抗酸化作用があるビタミンC、ビタミンE、ポリフェノールを多く含んでいるため、がん予防に高い効果があります。また、カリウム、食物繊維の含有量が多く、ナトリウムの排泄を促し、高血圧を予防するとともに、コレステロール正常化作用、腸内細菌の善玉菌を増加させる腸内細菌叢改善作用があります。さらに、温州みかんの酸味のもとであるクエン酸には疲労回復効果があります。

                        (毎日くだもの200g運動推進4訂版 果物のある食生活推進全国協議会)
 
  • 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構果樹研究所と京都府立医科大学などの共同研究により、ミカンにβ−クリプトキサンチンが含まれていることが明らかになりました。
  • ミカンにはβ−クリプトキサンチンがオレンジ・グレープフルーツに比べ数十倍多く含まれ、β−カロチンの約5倍の発ガン抑制効果があります。
  • ミカン1個には約1mgのβ−クリプトキサンチンが含まれています。
  • ミカンを1日1〜2個食べることによる、発ガン抑制効果が期待されています。
 
 骨粗鬆症の予防に

 農研機構果樹研究所は、浜松医科大学健康社会医学講座、浜松市と合同でβ-クリプトキサンチンに関する栄養疫学調査(三ヶ日町研究)を行っています。最近の研究から、β-クリプトキサンチンの血中濃度が高い閉経女性では骨粗しょう症の発症率が顕著に低いことが判明しました。女性は閉経するとホルモンバランスが変わり骨粗しょう症にかかりやすくなりますが、β-クリプトキサンチンの豊富な温州ミカンの摂取が健康な骨の維持・形成に有用である可能性が見いだされました。この研究成果は、平成24年12月に米国の総合科学誌「PLOS ONE」で公開されるとともに、多くの新聞・テレビで報道され、インターネット上にも各種の記事が掲載されています。(農研機構果樹研究所)

  ミカンをよく食べると骨粗鬆症(こつそしょうしょう)を予防できるらしいことが、農研機構果樹研究所の杉浦実主任研究員らの研究でわかった。ミカンを黄色くする色素であるβクリプトキサンチンが、骨を増やしたり、減少を抑えたりしていると考えられる。20日付米科学誌プロスワンで発表した。
 女性が閉経してホルモンのバランスが変わると、骨粗鬆症にかかりやすくなる。一方、杉浦さんらが温州ミカンの産地の一つ、浜松市の三ケ日町地域で行ってきた研究で、ミカンを多く食べる女性は患者が少ない傾向もわかっていた。 
 そこで、この地域の閉経後の女性212人で、βクリプトキサンチンの血中濃度と骨粗鬆症の関連を調べたところ、ミカンを毎日4個食べることに相当する血中濃度の人は、ミカンを食べない日がある人よりも、骨粗鬆症にかかるリスクが92%低いことがわかった。 
 果物などに含まれる色素の骨粗鬆症予防効果が明らかになったのは世界で初めてという。
                                  (朝日新聞デジタルより抜粋)

 がん動物実験レベル・試験管レベルでの研究(がん予防)
 
 β−クリプトキサンチンは、温州みかんに特異的に多く含まれるカロテノイドである。このカロテノイドは大腸で発がん発がん抑制効果が報告されたほか、皮膚、肺で抑制されることが明らかになっている。症例・対照研究ではルテインとともにβ−クリプトキサンチンの血中高濃度者が乳がんになりにくい可能性が示唆されている。直接的な発がん抑制の実験結果ではないが、酸化ストレスによって生成するDNA損傷物(8-OHdG)が血中ルテイン、β−クリプトキサンチン濃度の高い人ほど明らかに少ないことをHaegeleら(2000)が報告している。
                         (毎日くだもの200g運動推進4訂版  果物のある食生活推進全国協議会)

                                         

トップへ戻る